シェアボタン

2011年1月24日月曜日

MacBook Air入院。

あけましておめでとうございます。

今日はわけあって筆を取りました。

なかなか不幸な一日でした。

昨日は明け方まで後輩らと飲んで銭湯行って、
ウチで映画見ながらまた飲んで、起きたら頭がガンガン痛かったんです。

携帯見たらアメール来てたので
「今日は自転車やめて電車で行くかぁ」と思いつつ、
後輩が寝てたのもあって、朝バタバタしてたんですが
なんとか間に合うように家を出ました。

外に出るとけっこう晴れてる。
「あれ、チャリでいけるんちゃう?」と思い直し、
自転車を用意して後輩と別れ、出発しました。

しかしあまりの寒さに一瞬で心が折れた僕は、
駅前に差し掛かったところで自転車を駐輪場に入れ、
結局電車に乗ることにしました。

駅のホームで携帯を取り出そうとしたときに、初めて気づきました。
BlackBerryもiPhoneも家に忘れてることに。

一瞬「うわ〜どうしよ」と思いましたが、
カバンにはMacBook AirとWiMAXが入ってるので、
「一日ぐらいええか」とそのまま電車に乗りました。

職場に着いてMacを開き、
とりあえず電話がかかってきそうな人に携帯を忘れたことをメール。
まぁ日中に細かいメールチェックが携帯でサッとできないのが面倒ですが、
なんとかいけそうでした。

仕事場で「おれ今日ケータイ忘れてさ〜」
同僚が「そんなのよくあることだよ」
俺「イヤおれ滅多にないよ。初めてに近いかも」
同「ワタシなんて水没したことあるよ」
俺「水没!ないない!それはないわ〜不注意やな自分!」なんて話したり。

仕事が終わって帰ろうと外に出たら、けっこう雨が降ってる。
お腹もけっこう空いてたが、
すぐ止むと勝手に決め込んでスタバで時間をつぶすことにした。

これが運の尽き。

コーヒーを注文してソファーに陣取り、
クッキーを食べながら、書きかけの作業でもやろうと
MacBook Airを取り出し、カタカタやってました。

コーヒーを一口すすった瞬間、ムセました。
気管に入ったのか、げほんげほんムセました。

ふとMacに目をやると、悪夢が。

…びっちゃびちゃ。まじ戦慄。

コーヒーがパームレストとトラックパッドにかかって。

もう頭真っ白です。完全に思考停止。

うおおおおお!!!!!

故障か!?水濡れっていくらかかる?
5万か?10万か?
というかそもそも修理できんのか?
イヤ待てロジックボードに達してなければ助かるはずや!
だって画面はいたって正常。
Chromeも動く!もしかして奇跡の無傷!?
イヤ待てこのまま放置はできん!
キーボードから浸み込むと死ぬ!!まずい!!!

と、あれこれ思考すること約0.2秒。

とっさに持ち上げてコーヒーを払い、ナプキンを取りにダッシュ!
優しく、かつ手早く付着したコーヒーを拭いとる!

見た目にはまったく異常がないが、とりあえずシャットダウン。
ナプキンを数枚挟んで閉じて、
ロジックボードが上に来るようにバッグに戻す。

急いで店を出てタクシーを拾い、
一目散にアップルストア渋谷を目指す!!!

…というか雨もう止んでる!俺のスタバ無意味!

ハァハァ言いながら行き先を伝え、運転手さんに
「宮益坂の右折はごっつ時間かかるからampmの手前で捨て左折お願いします!」
を言おうとしたら、運転手さんは
「ここ右折時間かかるんで一回左折しますね」
おお分かってる!いいタクシー拾った!
エコーカードでお褒めの言葉書いたろ!
イヤ待てそんな時間はない!

そして外苑前から約8分で到着したアップルストアに、鬼の形相で駆け込む!!!
時刻は20時45分(閉店15分前)。

キョロキョロして手のあいてそうなスタッフを捕まえ、
「すいません!この子を助けてください!」
「落ち着いてください、どうしました?」

「実は15分ほど前にコーヒーをこぼしまして…診てもらえませんか?」
「いや〜修理の受付は20時までなんですよ。
担当のスタッフはもういなくて販売のものしか居ません」
(そんな!そこをなんとか!!!)
「あーそうなんですね…何かいい方法ないですか?」
「う〜ん明日以降でご予約を取るぐらいしか…」
(じゃあ工具貸してください!自分でやるんで!)
「むー明後日まで時間が作れないのでなんとか診て欲しかったんですけど…
とりあえず開けて、残ってる水分だけでも取れませんか?」
「そう申されましても…チョット待ってくださいね」
と裏に下がる店員さん。

…そうやんな、閉店間際に駆けこんで、無理言うてるのは俺や。
自分の都合を押し付けるなんて、イヤな客や。
そもそも自分のせいやないか。諦めて買いなおせこの馬鹿野郎。
と自己嫌悪に陥った。

「お待たせしました!クイックドロップというサービスが適用できます。
この場で処置は出来ないんですが、お預かりして明日修理担当に引き渡します。
一週間ほどいただきますが、データの保証はできません。
今は起動してますが、処置をする過程で起動しなくなるかもしれません。
それでもよろしければお預かりしますがいかがですか?」

「データはDropboxで同期してるから大丈夫です!
もうなんでもいいからお願いします!ありがとうございます!」

かくして俺の購入2ヶ月のMacBook Airは検査入院することに。

意気消沈でとぼとぼ家にたどり着いた僕は、
あんなにお腹空いてたのも忘れてブログに記そうとiMacに向かってます。

そして自転車を駅前に止めたままにしてることに気づきました。

…気をつけましょう。