シェアボタン

2013年2月19日火曜日

BlackBerry9000を買取に出した

全く触ってなかったので。

BlackBerry Bold9000は、
僕がBlackBerryにハマったきっかけとなった記念すべき端末。

その後9700→9780→9900と4台続けて使っているが、
後に発売されたホワイトも合わせて、
2台とも購入するほど気に入ってたのがこの9000。
海外ドラマや映画ではよく登場していたヒットモデルだ。

最近はDockに置いた状態で玄関の飾りと化していたので、
断捨離の一環として処分することに決めた。

状態が良かったので下取りに出してみようと思い、
いろいろなサイトをチェックし、
一番条件がよさそうな「携帯王」に買取依頼を出してみた。
Webから機種名や自分の情報を入力して送信するだけだ。

直後にメールが届き、集荷に際しての流れや
注意点などがまとめられていたので、
あとは手持ちのダンボールか紙袋に入れて
玄関にでも置いておけばよい。

翌日には集荷に来てくれて、その翌日には
査定額の連絡がくるというスピーディーさに驚いた。

思った以上にいい値段で買い取ってもらえたので、
早めに行動して良かった。

AndroidやiPhoneなど、
まだまだ使ってない端末があるので、
折を見て買取に出していこうと思う。

【携帯買取 携帯王】
http://keitaiou.jp/

2013年2月9日土曜日

BlackBerryをデータ専用プランで使う

久しぶりのBlackBerryネタ。

今週は新機種が発表されたり、日経から日本撤退報道が出たり、
何かと騒がしかったBlackBerryだが、
週アスがBlackBerryに取材したところ、
ひとまず撤退はないようなので一安心。
最新OSを搭載したZ10(左)とQ10(右)は日本での発売が未定だ

自分のBlackBerry 9900は最近、役割の多くをiPhone 5に奪われて、
すっかりメールとテザリング専用機になっている。

通話もiPhoneで済ませているので、
思い切ってデータ専用プランに変更することにした。
MacとBBを持ち込んで契約後その場で通信テストなど
かなりレアな手続きなのか、研修生バッジを付けたスタッフさんが
滝のような汗を流しながら対応してくださり、ちょっと気の毒だった。

通話さえ諦めれば1700〜6685円で維持できる

通話プランだと
タイプシンプルバリュー780円
+
BIS490円
でわずか1270円で維持できるが、

テザリングに使う場合は
タイプシンプルバリュー780円
+
BIS490円
+
パケホフラット8190円
で9460円になってしまう。

ところがFOMAのデータプランなら
定額データプランスタンダードバリュー5985円
+
mopera Uスタンダード525円
+
BIS490円に
ISPセット割で315円値引きが入り、MAXでも6685円で収まる。

さらに、Wi-Fi運用のみでテザリングもしない月は
定額データプランスタンダードバリュー1000円
+
mopera Uスタンダード525円
+
BIS490円に
ISPセット割で315円値引きが入り、1700円で維持できる。

通話プランに比べると最低額は430円高いが、
モデムとして常用するなら3000円近く安いのだ。

APNは「mopera.net」ではない

接続でちょっとつまづいたのが、APNだ。
総合プランで使う場合は「mopera.net」か
「mpr.ex-pkt.net」(128k通信)のどちらかでつながるのだが、
定額データプランでは「mopera.flat.foma.ne.jp」というAPNになる。
これに気づくまで30分ぐらいかかったが、
ここに書いてあったので参考にしてほしい。

単体で使う場合は基本Wi-Fiのみ

定額データプランでは、うっかり従量制のAPNにつないでしまわないよう、
「接続先限定」というオプションがデフォルトでついてくる。
海外で使う際などはこのオプションを廃止する必要があるが、
通常は付けておいたほうが安心だろう。

ところが、BlackBerryが3G回線でBISに接続するには
「blackberry.net」なるAPNにつなぐ必要があり、
このAPNが先の「接続先限定」の対象外なのだ。

つまり「接続先限定」オプションを廃止すれば、
Wi-FiがなくてもBISにつながり、
BB単体でメールやネットができるようになる。
しかし、通信料は0.042円/パケットの従量課金になるため、
100万パケット使うと4万2000円の請求が来てしまうのだ。

なんかいい方法はないものか。アイデア募集。

外で単体利用できないのは残念だが

出先でパソコンを使う際、いざというときに
FOMAエリアでテザリングができる端末があるのは心強い。
速度こそ1Mbps程度しか出ないが、
ちょっとした調べ物やメールなど普通の作業にはまったく問題ない。
Xiと違って7GB制限もないので、気兼ねなく使えるのもうれしい。

ひとまずこれで完了。Q10が出るまでは
メイン端末 iPhone 5
メール送信、テザリング要員 BlackBerry 9900
で運用することにしよう。

2013年2月8日金曜日

会社の宣伝です

会社から新刊が出るので宣伝します。
「新・あのヒット商品のナマ企画書が見たい!」戸田覚著

ウチの社長が自らの足で出かけて、数ヶ月かけて20社以上に取材し、
それぞれのヒット商品が生まれた秘密を聞き出しました。

自分は
・取材先の候補出し、先方へのアポ取り、進捗管理
・アシスタントとして、三脚担いで取材に同行し撮影、録音
・執筆のためのテープ起こし など
色々と手伝わせていただいた、思い入れのある一冊です。

キャリア20年以上、著作100冊以上のベテラン作家による取材を
何度も間近で見られたことは、自分にとってものすごく勉強になりました。
本質を引き出す効果的な質問や、話の組み立て方はさすがでした。

連載を何本も抱える社長と、取材先の
スケジュールを合わせるのに苦労しましたが、
「なぜこの商品が生まれて、どうやってヒットさせたのか」を、
実際に生み出した人から聞けるというのもかなり貴重な体験で、
とても楽しかったです。

起業家を目指す人や、何かアイデアを探してる人に
ぜひ読んでもらいたいです。

2013年2月7日木曜日

やはりクオリティ高しパワサポ


iPhone 5のブラックは傷が目立ちやすい。

ところが背面まで覆うカバーはイヤだし、
ベルトに通せるホルスターもいいのが無い(←オヤジっぽいが)

一番馴染むのは、周りだけを保護するバンパーだが、
発売したてのころは対応製品が少なくて、
渋々気に入ってないものを間に合わせで使っていた。

先日、遅ればせながらパワーサポートの
「フラットバンパーセット for iPhone 5」を購入したのでレビュー。

やはり質感がいい!極端に薄く作られているが、
表裏にゴムが出っ張っていて、iPhoneを机に置いても
本体やガラス面が直接触れないようになっている。
少々雑に扱っても傷を気にしなくていいのだ。

薄いからつけていてもかさばらないし、
ゴムのお陰で適度なホールド感も生まれた。
片手で持つとうっかり落としそうになるので、この点もうれしい。

iPhoneってBlackBerryに比べてデザインが好きじゃないから
いまいち使っててもテンション上がらないんだが、
これを装着したことで一気に愛着が湧いたほど気に入った。

カラバリも豊富で、ブラック/シルバー/ホワイト/ブルー/レッドと5色ある。
ちなみにAmazonでは限定カラーのゴールドも購入可能。
価格は高めだが、満足感も高いので
中途半端なものを買うよりもおすすめです。



2013年2月2日土曜日

曲がどストライクな女性シンガー

オーストラリアの女性シンガー、ナターシャを紹介。
本国ではかなり有名らしく、Boyz II MenやK-Ci & JoJoのツアーに参加した経験もあるそうだ。

特にBoyz II Menのショーン・ストックマンは大絶賛していて、
「僕が人生でデュエットしたのは2人だけ。1人はマライアキャリー、そしてもう1人がナターシャさ」と、小柳ゆきとのことをスッカリ忘れるほどのべた褒め。
2002年に発売したB2Mとのコラボアルバムより。

リードシングルの「Sending Out  a Message」には、昨年初来日も果たしたソウルバンド・エレクトリック・エンパイアが参加している。
コーラスの男声が太くて渋い。気になる。

ネオソウル好きには完全にストライクな、しゃれおつR&Bなので是非チェック!
↓ジャケをクリックするとiTunesが開きます。

2013年2月1日金曜日

AirMac Extremeの快適さたるや!

自宅のWi-Fiルーターには長らく、
初代Time Capsuleを使っていた。

しばらく不自由なく運用してたのだが、
ここ数年コンテンツはリッチになる一方だし、
使っているデバイスも増えてきたからなのか、
徐々に速度に不満を感じるようになっていた。

新しいAirMac Extremeは2.4GHzだけでなく
5GHzの周波数も同時利用できるので、
Wi-Fiの速度が劇的に向上することは想像に難くなかった。

ちょっとややこしいのでクルマに例えると、
今まで大型トラックで荷物を運ぶのに、
一般道(2.4GHz)しか使えずに渋滞してたけど、
ガラガラに空いてる高速道路(5GHz)も同時に走れるようになるって感じかな。

そのうち買い換えようと思ってAmazonの
ウィッシュリストに保存しておいたのだが、
先日の誕生日に後輩からプレゼントしてもらったのだ!

翌日、早速開封してみた。

使用中のTime Capsule(右)と並べた。コンパクトなのはいいが、アダプターがボッコリあって残念。

設置・設定したところ、やはり驚くほど通信速度が上がった。
iPhoneで測ったら23Mbps出た。ちなみにLTEだとウチは15Mbpsぐらいが平均。

YouTubeなら5分程度の動画は、
再生した瞬間に6割程度読み込みを終えることもあった。

これならHuluでの映画もストレスなく見れそうだ。
いよいよApple TVが欲しくなってきた。

ちなみにこのAirMac Extremeは1万5000円ぐらいするが、
外付けHDDつないだり凝ったことしないなら、
下位モデルの「AirMac Express」もオススメ。
AirPlayに対応してるから、家のコンポにつないで
iPhoneの音楽をワイヤレスでコンポから聴くこともできますよ。
安いぶんこっちの方がお得かも。

メール環境を刷新

気がつくとメールアドレスだらけ。

初めて持ったメールアドレスはdocomo.ne.jp。
高校1年の時に買ったiモードケータイで使い始めた。
その後パソコンを持つようになりプロバイダメール、
各種Webメールなど、いつの間にかメルアドがたくさんある状態になり、
どうにかスッキリさせたいと常々思っていたのだ。

ケータイメールだけでも
docomo.ne.jp
docomo.blackberry.com
i.softbank.jp
softbank.ne.jp
と4つもあり、フリーメールも
gmail.com
hotmail.com
aol.jp
yahoo.co.jp
など乱立状態。
me.comとかicloud.comとか
使わないものやアドレスを覚えてないものもある。

2005年ごろからGmailを使うようになり、
しばらくプライベートはこれ一本で過ごしてきたが、
Gmailも所詮はフリーメール。
誰でも取得できるので捨てアドにしている人や、
スパムに使う業者もいるだろう。
Androidの標準メールになっていることで、
一般的な認知度は高まったが、
やはりビジネスで使うには社会的にもまだイマイチ信用度が低い。

30歳になったのを機に、メインのメールをniftyのアドレスにすることに決めた。
プロバイダーのメールは身元がはっきりしていないと使えないし、
実際にビジネスで使っている人も多いからだ。

一応独自ドメインを取得してGoogle Appsで使っており、
seijimurakami.com
というアカウントもあるが、こっちは仕事メールのバックアップ専用にしている。
今後はこれと
nifty.com
の2本のみにしようと思う。

とはいえ、Gmailはめちゃくちゃ便利だし、
年5ドル払っているので30GBという容量の大きさも魅力。
そこで、すべてのメールをGmailに転送して、
バックアップ・検索とウェブサービス登録用のアドレスとして使うことにする。
どのアドレスに届いたメールもGmailでひとまとめ。

ひとまずこれでしばらく運用します。
色んなサービスが次々登場しているが、
もう当分環境を変えることはなさそうだ。