シェアボタン

2014年12月14日日曜日

グッバイiPad mini 2

通話とSMS→iPhone 4S、それ以外→iPhone 6の2台体制になり、はや1ヶ月。

どちらで連絡先を追加してもiCloud経由ですぐさま同期され、通話やSMSもiOS 8のHandoff機能でシームレスに対応できるようになった。

また、G-SHOCKのBluetooth機能も、BlackBerryでは使えなかったが問題なく動作している。予想通り、とても快適な環境になった。

これまでiPad miniが担っていた役割も、一部を除いてiPhone 6で対応できるため、タブレットの出番が激減中だ。

Surfaceがあるので、今の環境だとそもそもiPadはあまり必要ないのかも知れない。

とはいえ、ファミリーシェアプランで契約したIIJmioのデータSIMを余らせているので、活用したいのが人情。

そこで手持ちのSoftBank版iPad mini 2 64GBを処分して、SIMフリーのiPad Air 2またはiPhone 6 Plusを購入することにした。

スマーケットに査定を依頼したところ、3万6000円の値がついたので即決で売却。

手持ちのデバイス刷新を目論んでいるが、年末は何かとお金がいる季節なので、もう少し検討したい。




2014年12月7日日曜日

IDケース with 保存するメモを買ってみた


手帳の買い替えシーズンである。

数年前からGoogleカレンダーに移行して以来、縁のない行事になってしまったが、メモ帳だけは相変わらず試行錯誤している。

先日、持ち運び用にBoogie Boardを買い足して使っているものの、やはりビッシリ書き切ってからカメラで撮影して消す、という作業がチョット面倒。

それに、打ち合わせなどでおもむろにBoogie Boardを出してメモし始めると、年配の方はやはり怪訝そうに見るようだ。

PCを使わずにメモを取る際、何が最適解なのか。

今回導入してみようと思ったのは、Super Classicが販売している「IDケース with 保存するメモ」だ。
http://superclassic.jp/?pid=21612083

オフィシャルサイトの製品紹介ページは、こんな段落がある。

「従来のノートやメモ帳は重いので、気軽にポケットに入れたり、首から提げることは出来ませんでした。
ノートやメモ帳は、過去に書いたページ、現在書いているページ、未来書く予定のページの全てを持ち歩かなくてはならないからです。
「保存するメモ帳」は、“過去に書いたページ”はクラウド上、“未来のページ”はどこでも手に入るA4用紙なので、“現在のページ”たった1枚だけを持ち歩くスタイル。
首から提げても、ポケットに入れても快適な、劇的に薄くて軽い、入力デバイスです。」

…この、どこまでもテッキーかつ合理的な思想に、中二病的な感覚を覚えつつも納得。

これからしばらくは、保存するメモ+iPhoneとBluetoothキーボードをミニマム装備として、このスタイルでやっていけそうな気がする。

2014年11月16日日曜日

ついカッとなってiPhone 4sを購入!

メインで使っているiPhone 6とは別に「仕事の電話とSMS専用」として長らくBlackBerry 9900を愛用してきた。

BlackBerryはデザイン、機能などどれをとってもiPhoneを凌駕していて、今まで何台買い替えたか分からないほど使い続けてきた。

基本的には言うことなしの名機なんだが、どうしてもiPhoneとの連絡先がスムーズに同期できず、通話専用機にしているだけあって不満が募っていた。

iOS同士ならiCloudでなんの苦労もなく同期できるのに。。と思っていた。かといって大きなサイズのスマートフォンはもういらない。

そこで、思い切ってBlackBerryを封印し、SIMフリーのiPhone 4sを導入することにした。個人的にiPhone史上、もっともデザインが気に入っているモデルだ。

中古で探せば、SIMフリーの16GBモデルが3万円台で売っているし、通話専用なのでスペックはこれで十分。

しばらくこの、iPhone2台体制プラスiPad miniで運用してみようと思う。

しっくり来るようなら、もしかしたらiPad miniも処分して、6は6 Plusに替えるかもしれない。


2014年11月9日日曜日

メインの回線をSoftBankから変更!

iPhone 3Gが登場した2008年から、約6年ものあいだ契約し続けたSoftBankを解約することにした。

理由は2つあって、まず最近増えてきたMVNOの通信サービスが、大手キャリアに比べてとにかく安いこと。

現状、SoftBankでは、iPhoneだけでも8,000円以上かかっているし、iPadを含めるとセット割でも10,000円以下で抑えることは不可能だ。

もうひとつの理由は、一定以上の通信をすると速度をとつぜん制限されるキャリアの仕組み。3日間で1GB以上使うと、翌日24時間は128kbpsという低速に制限されてしまうのだ。

これがかなり厄介で、事前にアラートが来るわけでもなく、制限後は追加料金を払って解除するといった救済措置もない。

制限されてしまうと、正直いって使い物にならないレベルになる。肝心なときに不便な思いをするかもしれないと思い、気兼ねなく使えないのだ。

IIJmioが良さそう


今年はiPhoneをSIMフリー機に買い替えたということもあり、SoftBankをやめて格安SIMへのMNPを検討し始めた。

色々探してみたが、いちばん良さそうだったのがIIJmioのみおふぉん。名前はカッコイイとは言えないが、上記の通信制限がないのが一番魅力的だった。

11月でSoftBankが契約更新月を迎えたので、満を持してMNPすることにした。

自宅近くのビックカメラではカウンターで契約でき、即日開通してもらえるとのことなのでWebからではなく店頭で申し込んだ。

週末のビックカメラでは受付カウンターに行列ができており、1時間ほど並ぶことになった。

受付後は開通までさらに1時間、近くのカフェで時間を潰して受け取りに行くという流れだった。

めでたく番号そのままで即日移行ができたわけだが、数日使ってみて今のところ不満はほとんどなくとても快適。テザリングもちゃんとできる。

キャリアと比べると、@docomo.ne.jpなどのキャリメールがないことや、留守番電話サービスに対応していない点、ファミリー割引などの無料通話ができないなどのデメリットもある。

自分の場合、もともとキャリアメールを使ってないし、留守電がなくても着信通知SMSさえあれば掛け直せるので問題ない。

通話もFacebookメッセンジャーやLINEの通話機能を使えば事足りるし、楽天でんわを使えばWホワイトと同等の料金で通話できる。

さらにデータ用のSIMも2枚ついて、合計で3回線使えて3260円で済むのだから、乗り換えない理由がなかった。

これで年間8万円以上も節約できる計算なので、毎年SIMフリーの新型iPhoneが買えると思うと嬉しくてしょうがない。

さらに、今回契約したファミリーシェアプランで追加のSIMを手に入れてあるので、iPad Air 2をゲットしたらそちらで使っていこうと考えている。


2014年11月4日火曜日

バンカーリングが届いた。

iPhone 6は片手で操作しているとうっかり落としそうになる。

先日注文しておいた「iPhoneの背面に吸着させて使う輪っか」ことバンカーリングが、ようやく届いたのでさっそく使ってみた。

見た目はかっこ悪いし、テーブルなどに置いたとき安定しないのが残念だが、片手で持って操作する時の安定感は素晴らしい。

慣れると案外、邪魔にもならないし、かなり便利になった気がする。

もっと早く使えばよかった。

2014年11月3日月曜日

最後のアナログツールをデジタル化してみる

数年前からスケジュールはGoogleカレンダー、タスクはToodledoに移行してすこぶる快適な環境になってきた。

しかし、とっさのメモだけは紙とペンの機動力に頼って、RHODIAなどのメモ帳を使いアナログのまま運用してきた。

ところが、日常では使用頻度がそれほど高くないうえに、Evernoteへの転記を日課にしているため、分厚いメモ帳を毎日持ち歩くことに疑問を感じていた。

数枚のジョッターを名刺入れに挟んでおく、といった方法も試してみたが、これでも全く不便はなかった。

そこで、事務所や自宅デスクでも活躍中のBoogie Boardを、メモ帳代わりに持ち歩いてみて不便がないか試してみた。

大きさはメモ帳よりも嵩張るが、ゴミも出ないしペンのインクを気にする必要もない。

また、常時1枚しかメモれないが、都度写メを撮ってEvernoteにアップすれば問題ない。

かくして、最後のアナログツールはなくなったのであった。




2014年10月25日土曜日

iPhoneのケースを新調

毎日使っているiPhone 6。
ひとまず純正のレザーケースを装着していたのだが、やはり大きくて落としそうになることがある。

そこでバンカーリングを背面に装着することを考えた。
レザーケースにはうまく取り付けられそうになかったので、TPUなどのツルツルした素材に変えようと思ったのだ。

というわけで今回買ったのはパワーサポートのエアージャケットセット。

かなりタイトな作りなので付け外しは頻繁にしないほうが良さそうだ。

2014年10月19日日曜日

仕事用のBlackBerryをどうするか

現在、主に持ち歩いているデバイスは
・iPhone 6
・iPad mini 2
・BlackBerry 9900
である。
なかでもBlackBerryは仕事の電話とSMSが主な役割なのだが、
iPhoneと連絡先を同期させるのがうまくいかず困っている。

新しく連絡先を交換した人のデータは、結局両方に登録しているのだが、
時々漏れが発生して、片方に連絡先が登録されてない状態が起きる。

解決策をいくつか考えていて、ひとつはAndroidアプリが走る「BlackBerry Q10」への買い換え。
AndroidにはiCloudの連絡先を同期するアプリがあるので、うまく設定できればBlackBerryを使い続けながら連絡先もひとつにできる。

もうひとつはBlackBerryをiPhoneに変えること。
中古で売ってるSIMフリーの4Sあたりなら40,000円程度で手に入りそうだし、仕事用のドコモSIMをそのまま使える。
ただしこの場合、おそらくmopera Uを追加契約しないと3Gデータ通信はできない。
しかもiPhoneが2台になってしまうが、データ同期という点ではこれが一番スムーズ。

来月はソフトバンクの更新月が来るので、いよいよBIC SIMへのMNPを実行するタイミング。
あわせてその他もろもろの環境をシンプルに最適化する段取りを考えるのも楽しい。

2014年9月28日日曜日

画質が残念なThunderbolt Display

自宅ではThunderbolt DisplayにMacbook Proを接続して、デュアルディスプレイ環境で作業している。

Macbook ProはRetinaディスプレイモデルなので227ppiと、とても精細で目にやさしく作業も快適だ。

ppiとはピクセルパーインチの略で、数値が高いほど高精細になる。

【まとめ】Apple製品ppi(解像度)一覧 〜iPad AirやiPad mini Retinaも出るのでRetinaとppiの簡単な説明付き
http://rinare.com/20131030__apple_products_display_ppi_list.html

大画面のThunderbolt Displayは109ppi。手持ちのiPhone 6とiPad miniが326ppiなので圧倒的に少ないのだ。

作業中は、両方の画面を同じ距離から交互に見るため、余計にこの差を感じて悲しくなる。なんでメインディスプレイの方が低画質なんだよ、と。

しかも最近は、Macbook Proはディスプレイを接続せず単体で使った方が、挙動が快適な気さえしてくる。

でも大画面の作業効率の高さを考えると、外部ディスプレイなしの環境はツライ。

というわけで、ひとまず手前にMacbook Proを持ってきて、縦にデュアルディスプレイ。解像度の違いを距離でごまかしてみることにした。

単純ながら、意外と効果があったようで、横並びで見ていた時よりもThunderbolt Displayの粗さが気にならなくなった。

ひとまずコレでしばらくいってみることにする。


2014年9月20日土曜日

iPhone 6にマストな保護フィルム!

サラサラな画面が好き。

iPhone 3Gの頃から、本体を買い換えるたびに画面のフィルムを貼っている。

種類は決まってアンチグレアタイプ。光沢がなく反射しなくてサラサラするタイプだ。

メーカーは指名買いで必ずパワーサポート。もはや定番といっていいだろう。

iPhone向けのフィルムは例年、エレコムやラスタバナナのものがいち早く販売され、パワサポは本体の発売後に登場することが多い。

そのため、発売日に本体を買う人だとセットで買えない場合があり、間に合わせで他社のフィルムを買うのだが、やはりパワサポのクオリティにはかなわない。

サイズが微妙に合ってなかったり、ボタン周りの型抜きが杜撰なフィルムも少なくないが、パワサポのは毎回ピッタリと設計されていて、うまく貼れると気持ちいいのだ。

ところが!今回に限ってはちょっと残念なのである。

写真ではわかりづらいかもしれないが、なんと端っこが足りてない!

厳密には、正面から見るとピッタリなんだが、横から見ると液晶画面がフィルムからはみ出しているように見えるのだ。

理由はiPhone 6が先代までのフラットなボディではなく、画面の縁が湾曲しているからだと思われる。

ホームボタン周囲も、5s用まではキレイに丸く抜かれていたのに、6用では下が切れてしまっている。これも同様の理由だろう。

このあたりは他のメーカーも大差ないと思うので諦めるしか無いが、それでもパワサポのフィルムファンとしてはショックだった。

とはいえ、サラサラ感は相変わらず素晴らしいので、今回もとってもオススメだ。

2014年9月19日金曜日

iPhone 6届きました!



朝イチで家の裏にあるクロネコヤマトに駆け込み、配送前に受け取ってきました。

色は久しぶりのブラック(スペースグレイ)。今回のデザインでは圧倒的にオススメカラーです。

5sはゴールドにしたけど、今回のゴールドはちょっと背面のDラインが目立ちすぎてイヤでした。

早速自宅で復元して仕事へ向かうという超エクストリーム出社を敢行。

懸念していたSIM問題もとりあえず認識しているようなのでひと安心した。

ただし、正規の料金プランが適用されているのかは請求額が確定しないとわからないので、かなり不安だ。

モノはとりあえずハダカで使ってるが、薄すぎて落としそうになる。純正レザーケース買っちゃおうかなぁ。


2014年9月16日火曜日

iPhone 6 Plusも欲しいんだが


先日予約したiPhone 6を一日千秋の想いで待っている。

ここ数日、各方面の記事を読み漁っていくうちに、大きい方も欲しくなって来たのだ。

いや、厳密には「大きい方にすればよかったのでは」という思いに駆られている。

いっそ両方買うか?
いや、さすがに2台買うとなると20万円近い出費になる。ダメだこりゃ。

整理すると、今の持ち物は
1. iPhone 5s(プライベート兼メイン端末)
2. BlackBerry Bold 9900(仕事の通話用)
3. iPad mini(プレゼン、コンサル用)
4. Surface Pro 2(緊急作業用)
といった布陣。
ちなみにMacBook Proはすっかり自宅機となり、めったに持ち出すことはなくなった。

iPhone 6をやめてiPhone 6 Plusを買うことで、上記のうち1と3をまとめられるのではないかと考えたのだ

悩ましい。もう予約したのに悩ましい。

まぁしばらく6を使ってみて、必要そうなら6を下取りに出して6 Plusにしてもいいかもしれない。

なんせSIMフリーだし買取価格は期待できるはず。

よし、そうしよう。


夏の思い出1

8月はあちこち出かけたが、一発目は愛知県の日間賀島。

タコのまる茹でが名物らしく、その他の魚介料理も美味しかった。

火傷するほど日焼けすると聞いていたが、若干曇っていてカンカン照りではなかったので、穏やかに過ごせた。








2014年9月15日月曜日

Surfaceはタブレットではないかも知れない

7月からSurface Pro 2が支給されたのでボチボチ使ってます。

一番のアドバンテージは、なんといってもMicrosoft Officeのファイルが快適に使える点。

仕事で、Excelのセルをフィルタしたりソート機能をよく使うんだが、iPadではなかなかできない。
ポラリスオフィスで開けばできなくもないが、動作は重く、使い勝手はイマイチ。

Numbersなら不可能ではないが、元ファイルのレイアウトが崩れるなど問題もあるので、やはりWindowsが動く端末は重宝する。

タッチキーボードも支給されたが、その日のうちに自腹でタイプキーボードに置き換え。ついでにマウスも専用モデルをゲットした。

タブレットには真似できない使用環境だ。

2014年9月14日日曜日

iPhone 6は4.7インチモデルにした


ついに発表されたiPhone。
もちろん買うんだが、なんだかんだで毎年買うのに、いつも2年契約することに疑問を感じていた。

キャリアから出てるモデルじゃなくて、Appleが直販してるSIMフリーモデルにしたいと2年ほど前から思っていたが、
前回の5sはSIMフリーモデルが約3ヶ月遅れでの発売となったため見送った。

今回は、金曜日の予約開始と同時に、AppleのオンラインストアでSIMフリーモデルを予約。

最初は5.5インチのiPhone 6 Plusにしようと思っていた。
確かにデカイが、4.7インチとの差ならば、あまり大きくないと感じたからだ。
これが5.5インチと4インチだったら迷わず4インチを選んでいたのだが。

それにバッテリーのスペックを見れば大きさは我慢できると思えた。
さらに、iPad miniとiPhoneを1台に集約できると思えばしめたもの、と考えたのだ。

しかしよく検討したところ、自分はiPad miniでのウェブページ表示チェックやプレゼンなども仕事のうち。
6 Plusだけではきっと帯に短し襷に長しになってしまうと気づいた。

というわけで今回は通常のiPhone 6 128GB SIMフリーモデルを選んだ。
カラーはiPhone 4以来3年ぶりとなるブラック(スペースグレイ)。

当日に手に入りそうだが、うっかり忘れがちなのがケースやフィルム。
すぐに装着できるよう、準備しておきたい。

4ヶ月ぶりの更新

すっかりサボっていたが、これではいかんと思い直しました。

また更新していくのでよろしくお願いします。

写真はタイムズカープラスというサービスを契約すると貰えるカード。

タイムズの駐車場に停まっている予約済みの車なら、リアウインドウのタッチマークにカードをかざすだけでロックを解除できる。

あとはグローブボックスに入っているキーでエンジンが掛けられる。

給油も、サンバイザーにささっている給油カードで決済可能なので、現金いらず。

便利な世の中だ。自分の車を所有する時代は終わったのかも知れない。


2014年5月26日月曜日

初島に行ってきた(2回め)

熱海から船で30分、初島にあるリゾートホテルに泊まってきました。
部屋はスーパースイートルーム。
ひとまず下書きがてら写真をアップします。





























2014年5月18日日曜日

エリック・ベネイ ライブ感想

先週行ったエリック・ベネイのライブレポ。

当日は日曜日ということもあり、時間はたっぷりあるし早めに行って前の方で鑑賞したいと思っていた。

数カ月ぶりのブルーノート東京には、開演の3時間前に到着しチェックイン。
整理券の配布まで、奥のバーで一杯飲みながら嫁と旅行の計画など雑談して待っていた。
するとTwitterで先輩のUprightや後輩の飛鳥も来ることがわかった。

ほどなくUpright師匠と合流。そうこうしてる間に整理券の配布が始まり、7番目のコースターを受け取った。

お腹が空いたので3人で近くのつけ麺屋へ行くことになり、後から友達と合流した飛鳥たちも麺をすすりに来た。

先に食べ終わり会場のロビーへ戻ると、まもなく入場。ステージ一番手前に並ぶテーブルの中央に座ることができた。
エリックのライブでこんなに近いのは大阪以来かも。

ステージの床にガムテープで貼り付けられたセットリストを見つけたので、 身を乗り出して撮影。

曲順を知りたくないという意見もあるだろうが、自分は知っておきたいタイプ。

定刻になるとイントロで嫁が好きな"My Prayer"が流れたが、残念ながら歌はナシ。
続いて"Love Don't Love Me"を歌いながらエリック・ベネイ登場。
最前列のマダム達はまだに興奮の坩堝で、すでに泣いている方もいた。

そのまま"Spiritual Thang"と続き、ここで最初のMC。
内容はよくわからなかったが、母の日について話していることだけは理解した。

MCもそこそこに、"Hero"、"The Hunger"、"Chocolate Legs"と続く。
Chocolate Legsは2年前のライブで聴いた時に感極まり思わず泣いてしまったが、今回はなんとか耐えた。

個人的なハイライトはバックコーラスのキャンディス・ボイドをフィーチャーしての"Spend My Life With You"。MCではエリックが、Ne-Yoのレーベルと契約した大物新人、的な紹介をしてた。

今回、ツッコミを入れるとしたら、そんなキャンディスがいるのにオケのコーラスがガンガン出てるのが残念だった。

あと、キャンディスは急遽の抜擢だったのか手に持った紙を見ながら歌っている場面がところどころあった。

Spend〜は初めてフルコーラスで聴くことができ、涙腺が崩壊しそうになった。

その後"News for You"を挟んでの"Sometimes I Cry"。ここで涙を堪えるのを諦めた。

続く"Why You Follow Me"は自分が初めて買ったアルバムに入っていた曲で、かなり聴き込んだ1曲。最後はエリック最大のヒット曲"You're the Only One"。

とうぜんアンコールはお約束の"Georgy Porgy"だった。
アンコールの最後にバンド紹介が入って終幕。

翌日も予定が空いてれば観に行きかねないぐらい良かった!

2014年5月11日日曜日

エリック・ベネイ行ってきます!

今日は待ちに待ったエリック・ベネイのライブ。

僕の中でミュージック・ソウルチャイルドと並ぶ2大アイドルだ。

ブルーノート東京に行くのもけっこう久しぶり。

しっかり予習して臨みたいので、アルバム「The One」を絶賛聴取しながら書いている。

事前情報では女性コーラスが来ているらしく、名デュエットソング「Spend My Life With You」が聴けるかもしれない。



いい席ゲットするためにもそろそろ並びに行かないと!

2014年5月10日土曜日

G-Shockの電池がヘタったので交換に出した

先日、愛用中のBluetooth対応G-SHOCK「GB-X6900B」がiPhoneに接続できなくなり、
表示を見るとバッテリー残量が低下しているようだった。

それから数日はただの腕時計として使っていたが、ペアリング機能に慣れてしまうとケータイの着信通知がない状態に不便を感じるようになっていた。

近所の家電量販店では電池交換ができないようで、カシオの営業所に持ち込む必要があるとのこと。

調べると川口にあったので、空き時間に立ち寄ってみた。

立派なビルのロビー横にカウンター2つだけの小さな受付窓口がある。

要件を伝えて時計を渡すと、出された申込書ペラ1枚に名前や住所を記入する。
費用は3150円で、一週間後の引取時に精算らしい。

2回来ないといけないのが面倒だが、しかたないので依頼した。
ペアリング情報などはリセットされるらしく、受け取ったら再設定が必要ですと言われた。まぁそれぐらいは構わないだろう。

しかし、毎日ペアリングさせて使っていたが、半年以上も電池が持つことに驚いた。
復活したらまた毎日愛用する予定だ。


2014年5月9日金曜日

LaShawn Danielsってショーン・ダニエルズって読むらしいよ


ブランディ&モニカの"The Boy Is Mine"をご存知か?

全米チャートで13週ものあいだ1位を獲得し、グラミー賞まで獲得したメガヒットソングだから、洋楽に疎い人でも知ってるかもしれない。

しかし、その曲を誰が作ったのかまでは日本ではあんまり知られていないと思われる。

今回紹介するLaShawn Danielsは、上記のほかホイットニー・ヒューストン、マイケル・ジャクソン、レディー・ガガ&ビヨンセなど数々のスターにヒット・シングルをもたらした超ヒットメーカー。

ソングライターとして長年のキャリアを築いてきた氏がついに自らデビューした。

早速アルバムを購入して聴きまくっているのだが、見た目とギャップのあるハイトーンボイスと、エモーショナルなボーカルアプローチが中毒性高し。

オススメ!