シェアボタン

2014年3月30日日曜日

iPadのお得なプラン

iPad mini Retinaのタブレットセット割



ソフトバンクのLTEスマホを契約している場合、2回線目にタブレットを契約すると受けられる特別なプラン。

通常、単体で契約すると月額5985円のランニングコストが発生するため、敷居の高いセルラーモデル。

iPhoneやAndroidなどのスマホを既に使っているユーザーに該当するので、4410円と安く使えていたのだが、それでもまだ割高感は否めない。

そこで新たに登場したのが「タブレットセット割」。一定の条件はつくものの月額わずか1050円で維持できるのだ。

条件とは主に通信量の制限で、ソフトバンクの通信制限は通常7GBだが、タブレットセット割では2GBに制限される。

現在セルラーモデルを使っている人なら、本体設定のモバイルデータ通信をチェックしてみよう。1ヶ月の使用量が2GBを超えていないのであれば、とてもおすすめだ。

自分は平均して1.5GB程度だったので、iPad mini Retinaへ機種変更した際にこのプランへ乗り換えた。

現在はiPhone 5s(メイン)、Nexus 5(Googleカレンダー確認用)、BlackBerry 9900(仕事の通話専用)、iPad mini Retina(ブラウザと読書用)といった布陣。

モバイルする端末がかなり増えてしまったので、次の一手はcoviaのデュアルSIM端末を購入してNexus 5とBlackBerryを1台にまとめること。

あと、iMac 27インチとMacBook Air 11インチを手放してMacBook Pro Retina 13インチ + Thunderbolt Displayにリプレイスするのも思案中だ。


2014年3月23日日曜日

パソコンもタブレットもスマホも1台で完結。


パソコンに向かって作業している時にスマホのメールが届いて、都度キーボードから手を離して持ち変える。

フツーの光景だが頻度が増すとストレスにもなってくる。集中力を切らさないためにも、キーボードから極力手を離さずに対応したい。

そこで「ロジクール Bluetooth イルミネートキーボード K810」の登場だ。

3台まで機器を登録でき、左上に配された3つのファンクションキーで接続先を切り替えて使えるスグレモノ。

普段はパソコンと接続して使い、必要に応じてスマホやタブレットにワンタッチでスイッチできる。しかも都度ペアリングや端末側の操作は不要だ。

姉妹品にMac OS対応の「K811」という製品もある。ASCII配列のほうが使い慣れているのでこちらにしようかとも思ったが、メインはあくまでも事務所で使っているWin用だったので、JIS配列の本製品に決めたわけだ。

難癖をつけるとしたらEnterキーが小さくてタイプミスしがちな点。慣れの問題と思うが慣れるまでは難癖つけようと思う。
LOGICOOL Bluetooth イルミネートキーボード K810